ホントに無料? 勧誘は?保険マンモスの評判を調査しました

生命保険

生命保険のタイプや仕組みをご説明。
また、保険マンモスで生命保険を相談した人の評判も紹介しています。

生命保険のタイプと保険マンモス相談者の評判

生命保険と一口に言っても様々な保険があり、すべてを理解するのは難しいように思えます。
しかし、実は生命保険の基本は「定期保険」、「終身保険」、「養老保険」の3つのみです。

複雑に見える生命保険も、これらの組み合わせに過ぎませんので基本さえ押さえておけば簡単に理解することができます。

定期保険の仕組み

定期保険は契約した一定の期間け保険が適用される、いわゆる掛け捨てと呼ばれる生命保険のことです。
保険期間が決まっていて、途中で解約しても解約返戻金は少なく満期時には0円になります。貯蓄性が無いため、保険料は安く設定されています

例えば死亡保険金1,000万円の定期保険に30歳~60歳まで加入しているとします。
その期間に亡くなった場合いつでも1,000万円を受取ることができますが、60歳を過ぎてしまうとその保障は無くなり、満期保険金という形で保険料が返ってくることはありません。

終身保険の仕組み

終身保険は一生涯に渡る期間を死亡保障期間とし、保障と貯蓄を兼ね備えた生命保険のことです。
死亡時が保険期間の終了と定められているため、いつ亡くなっても死亡保険金の支払を受けることができます
貯蓄性が高いので途中解約をするとある程度の解約返戻金があります。定期保険より保険料は高く設定されています。

例えば死亡保険金1,000万円の有期払込(30歳~60歳)終身保険に加入しているとします。
この場合、定期保険のように払込完了と同時に保障が終わるわけではなく、一生涯保障が続く形になりますので、いつ亡くなっても1,000万円を受取ることができます。

養老保険の仕組み

養老保険は保険期間が決まっていて被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われるだけでなく、満期時に生存していても死亡保障額と同額の満期保険金を受け取ることができる生命保険です。
貯蓄性が非常に高いため、途中解約すると解約返戻金があります。終身保険よりさらに保険料は高く設定されています。

例えば、死亡保険金1,000万円で保険料払込期間、保険期間ともに30歳から60歳までの養老保険に加入しているとします。
その間に亡くなれば1,000万円を受取ることができます。
60歳を過ぎてしまうと保障は無くなってしまいますが、60歳になると同時に死亡保険金と同額の満期保険金1,000万円を受取ることができます。

以上の3パターンが生命保険の基本ですが、実際の保険は先にお話した通り様々な組み合わせで構成されています。

自分の家計や将来の計画に合わせた最適な保険を選ぶためには、保険マンモスの無料相談を利用して、アドバイスを受けることをおすすめします。

保険マンモスで生命保険を相談した方の声

  • 20代/女性
    主人の保険が更新の度に保険料が上がっていくのが不安だったのですが、保険会社を分けることで保険料が抑えられることを教えてもらえました。入院保障はここ、死亡保障はここというようにテキパキと進めていただき、やはりプロのやる仕事は違うと感心しました。いつまでいくら払うというところまで明確になったので非常に満足しています。
  • 40代/男性
    生命保険の更新時期が近く予定保険料が高くなってしまうため相談しました。時間があまり無かったのにもかかわらず、担当のFPさんには迅速に対応していただき助かりました。
  • 30代/女性
    家計の見直しをしていたのですが一番厄介だったのが生命保険でした。何しろ生命保険の仕組みや、入っている保険のタイプについて全くわかっていなかったのです。担当のファイナンシャルプランナーさんとても真面目で親しみやすく、保険について無知だった私たちに一から説明していただきました。今までの保険がいかに自分たちに合っていなかったのかもわかり、納得した上で申込みができました。

生命保険を保険マンモスで無料相談してみる

 
保険マンモスの評判を徹底リサーチ!