ホントに無料? 勧誘は?保険マンモスの評判を調査しました

ライフイベント別・保険の選び方

結婚、出産、家の購入などライフイベントごとの保険の選び方について解説しています。

ライフイベントごとの保険の選び方について

人生には結婚、出産、住宅購入など様々なイベントがあります。

イベントごとに生活が変化するため、その時々で保険に求める保証内容も違ってきます。
ここではイベント別にどこを見直して、どのような保険を選択すればよいのかを説明します。

結婚をした時

結婚は人生の一大イベントで、大きな転機となります。それまでは一人の備えだけでよかったものが、結婚することで夫婦二人の保障を考える必要があります。
まずは、夫婦それぞれの保険の加入状況を確認しましょう。独身時代に入っていた保険は両親が養老保険を掛けていたり、高額な死亡保障の「定期保険特約付き・終身保険」である可能性が高いです。

これらの保険がこれから夫婦で生活していく上で必要かどうか判断する必要があります。

共働きで配偶者にも収入がある場合、高額の死亡保障は必要性は低く、双方の収入割合に応じた死亡保障を考えます。
また、病気やケガをした時に備えて医療保険(入院保険)やがん保険などに入っておくことをおすすめします。

子供が生まれた時

子供ができると、二人の時よりも生活全般にかかるお金も増えることになります。さらに子供が成長すれば教育費などの負担も増加します。

子供が独立するまでかかる費用は増えることになりますから、親が死亡した際の保障を増額する必要があります。

突然の入院による医療費負担に備えた医療保険もしっかり確保しておきましょう。
また、教育費がどのくらいかかるのか確認しておくことが重要です。

子供の進路によって教育費は変わってきますが、進学のタイミングで補助になる学資保険や貯蓄性の高い保険検討するのもよいでしょう。

家を購入した時

家を購入して住宅ローンを組むと、万一の場合は支払いはどうするのかという心配があります。
しかし、一般的に住宅ローンをを申し込むと同時に団体信用生命保険に加入することになります。

団体信用生命保険とは被保険者が万一死亡したり所定の高度障害状態になった場合に、金融機関にローンの残高が支払われるもので、以後は遺族がローンの返済を心配しなくて済みます。

したがって、住宅ローンを組む場合は現在加入している死亡保障金額を見直す必要があります。

過度な死亡保障になっていないか確認し、場合によっては減額してもよいケースもあります。

 
保険マンモスの評判を徹底リサーチ!