ホントに無料? 勧誘は?保険マンモスの評判を調査しました

保険相談の強い味方・FPとは

FPとはどのようなものなの?タイプの違いや選び方のポイントについても解説しています。

FPとはどんなことをするの?

FP(ファイナンシャル・プランナー)とは顧客が望むライフプランを実現するために、家計診断や住宅ローン借り換え、保険の見直し、年金相談、預貯金の運用など総合的な資産設計やアドバイスをを行う専門家のことです。

FPは金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度など幅広い知識を備え、場合によっては弁護士や司法書士、税理士、社会保険労務士や各業界の専門家と連携しながら、プランニングを行います。

近年、高齢化社会が進み、年金制度の不安などを抱える中、金融システムはますます複雑化し、何が最良で何を選択すべきなのか判断が難しくなっています。

どのように生活するにしても金銭面での問題は避けて通ることができません。
そこで、家計や金銭面での幅広い知識を備えた「家計のホームドクター」的な存在のFPが必要とされるようになったのです。

2つのタイプがあるFP

FPには企業系FPと独立系の2種類のタイプがあります。

企業系FPとは保険、銀行、証券などの金融機関に所属しながら活動するFPです。
最近ではファイナンシャル・プランを提案した上で、その内容に沿って商品をセールスをするといったことも増えてきています。
また、金融機関の主催で「家計見直し相談」といった無料相談を行う場合もあります。FP資格を持っていたほうが顧客への信頼度は高まるため、こうした場でFPが活躍する場が増えてきています。

一方、独立系FPとはFP事務所等で活動するFPです。顧客にお金に関する相談やライフプランの提案をして、コンサルティング料をもらいながら仕事をしています。

企業系FPとは違って、金融機関の利益とは関係なく中立的な立場で資産運用のアドバイスを行うため、偏った提案をすることはありません。
その代わり、通常は独立系FPに相談する場合は顧問料、相談料といったものが発生します。

保険の見直しの相談はどちらのタイプのFPを選んだ方がよいかという点については、会社の縛りがない独立系FPの方が公平性で考えると軍配が上がります。

企業系FPの場合は最終的には自社商品の勧めるという側面があり、第三者的なアドバイスやプランニングが期待できないからです。

 
保険マンモスの評判を徹底リサーチ!