ホントに無料? 勧誘は?保険マンモスの評判を調査しました

見直しのためのチェックポイント

現在入っている保険を見直しをする際のチェックポイントについて説明しています。

保険見直し時にチェックしたい点はここ

保険は一度入ってしまえば後は何もしなくても安心というわけには行きません。

時間の経過とともにライフスタイルと合わなくなり、必要となる保証内容が変わっていくからです。

以下に効率よく見直しをするためのチェックポイントを紹介しますので参考にしてください。

1.現在の保証内容をよく確認する

見直しを行う第1のポイントとして既に加入している生命保険の保障内容を十分確認した上で、何の保障が不足しているのかあるいは、保障が多すぎるものはないかを把握することが大切です。

現状の保険の不満点を整理することで、保険金を増やしたり、逆に保険金を減らすことによって最適な保証内容にするための方向性が見えてきます。

2.解約はできるだけ慎重に

明らかに必要のない保障の保険は解約を検討すべきですが、解約は慎重にじっくり考えましょう。

特に貯蓄性の高い保険(終身保険や養老保険など)に長期間加入している場合、今よりも予定利率が高い場合がありますので、解約してしまうと損になることがあります。

保障は必要だけど何らかの理由で支払いが負担になっている場合は、減額するなどして継続する方法もあります。

払済保険と言って、加入中の保険料の支払いをやめてその解約返戻金で一時払いで小額保険を購入するという方法もあります。

3.増額や減額をする場合の注意点

増額には保険金の中途増額、追加契約、特約の中途付加、転換制度という方法があります。

中途増額は新たに医師の診査や告知が必要になり保険会社によって増額の制限があるので注意が必要です。

転換制度とは現在の契約の積立部分や積立配当金を下取りして新しい契約の一部に充てる方法ですが、元の契約は消滅します。

減額には保険金の中途減額、特約の解約という方法があります。

中途減額は減額できる範囲や制限がある場合があるので確認が必要です。特約の解約は複数の特約がある場合、一部ではなく他の特約も同時に解約しなくてはいけないこともあるので注意しましょう。

 
保険マンモスの評判を徹底リサーチ!